ぼちぼち学んでくポジティブ心理学

読者の生活に役立つ心理学を中心に綴ります。

マインドフルネス

今日はポジティブな思考になるための方法を1つご紹介します。

 

ポジティブ心理学では代表的な方法の1つ、「マインドフルネス(Mindfulness)」です。

 

マインドフルネスとは、「自分の思考や感情を一切の判断なしに受け入れ、今この瞬間に意識を向けること」です。

Mindfulとは「心に留める」とか「意識している」という意味です。

 

端的に言うと、瞑想のようなものです。

 

瞑想をしていると、「明日までに書類を完成させないと!」などの雑念が浮かんできます。

 

その時に、「書類を完成させたいっていう考えが出てきたな」と見て、意識を呼吸、つまりは今現在へと戻すことがマインドフルネスです。

 

要は、自分が客観的に自分自身を見ることです。

 

マインドフルネスの何が良いって、もちろんポジティブな思考をしやすくなることです!!!

 

ある研究によると、マインドフルネスは扁桃体前頭前野に効果があるとしています。

 

脳には情動を司る扁桃体、自制心を司る前頭前野という部分があります。

前頭前野扁桃体は深い関わりがあります。

 

例えば、ストレスによって怒りという感情が出てくると扁桃体が活発に動いていることになります。

前頭前野は、そんな扁桃体の動きを抑制しコントロールします。

 

研究が示しているのは、マインドフルネスによって扁桃体を縮小させ、前頭前野のコントロールする力を鍛えられるということです。

 

またカリフォルニア大学の精神科医ジェフリー・シュウォーツの研究では、マインドフルネスによって、強迫性障害の人が感じる「何か間違ってるんじゃないか」という不安を改善し、普通に生活を送れるようになったそうです。

 

被験者の脳を調べて見ると、脳のエラー探知機である前頭葉の下部分に位置する、眼窩前頭皮質、それから扁桃体が活動過多になっていたけど、マインドフルネスにより活動を低下させたことがわかったのです。

 

さらにはケンブリッジ大学のジョン・ティーズデールを中心とした研究チームは、マインドフルネスが抑うつの再発を防ぐ効果があることを発見しました。

 

初めの抑うつは、認知行動療法、カウンセリング、薬物治療によって改善することができるけど、それ以上の難題は抑うつを再発してしまうことです。

 

つまりネガティヴな思考のスパイラルを起こしてしまうことです。

 

例えば、上司に文句を言われて、言われた時は「そうなのかあ」と反省するけど、しばらく経って「やっぱ自分はダメな人間だなあ」「自分は全く仕事ができない奴って思われるなあ」と思って気づかないうちに抑うつを再発してしまいかねません。

 

マインドフルネスはそのような状態を改善してくれます。

脳を調べて見ると、扁桃体の活動がしずまっていたのに加えて、ハッピーで楽観的な人に見られる脳活動のパターンが強まっていたようです。

 

これはつまり、ポジティブ思考につながっていくということですねえ。

 

 

さて、だらだらと研究事例を書いてきましたが、それにも理由があります。

 

マインドフルネスというと、「宗教でよくやるやつでしょ」と切り捨ててしまう人がいるからです。

言っときますが自分は宗教を信じてません。

さらには、マインドフルネスというのは、東洋の宗教が起源となっているようですが、宗教以上の効果をもたらすことを数多くの科学的研究が支持しています。

 

マインドフルネスへの偏見を無くして、フラットな気持ちで読んでもらうために、研究事例を紹介しました。

 

まあ今までの記事も、説得力を高めるために研究事例をいろいろと紹介してきましたね(^_^;)

 

今日はここまで!

マインドフルネスはこれからも書くでー!